弁護士依頼時の着手金

女の子これまでの人生の中で弁護士に依頼したことがない人の場合、いくら最大で3600万円が受け取れるB型肝炎の給付金に関してと言えども躊躇してしまう方もいるかもしれません。しかし、これは確実に受け取っておくべきお金なので躊躇してしまうのは避けておきましょう。さらに言えば、弁護士に依頼するとなれば着手金のことを心配する方も多いものです。

給付金を受け取ってからであれば手元にお金があるものの、今は手元にお金がないために弁護士に相談したり着手してもらうための費用を捻出できないという方もいるはずです。しかしながら、弁護士のほうもそのあたりの事情を考慮した仕組みを用意してくれています。どういうことかと言えば、相談料や着手金を一切受け取らずに訴訟を提起してくれる弁護士も多数いるのです。

このような弁護士に依頼をおこなえば、実際に給付金を受け取ったあとにその中から一部を成功報酬として支払えばいいだけなので、自分は実質的に1円も捻出せずに給付金を受け取ることが可能となるのです。そのため、このような弁護士の存在に目をつけ、着手金などの心配をしないで、まずはしっかりと給付金を受け取って、治療を進めていくことを考えましょう。

給付金の今現在の相場

弁護士に依頼して国に対して国家賠償請求訴訟を提起し、その上で和解という結論などを得ることによって給付金を受け取ることができる制度があるのですが、裁判となると躊躇してしまう人もいるかもしれません。しかし、裁判とは言っても勝ち負けを争うための裁判というよりは、提起した方が本当に期間内に予防接種を受けた人なのか、本当にB型肝炎になっているのかなどの事実確認をするための形式であるので一般的な訴訟とは少し違ってきます。

B型肝炎の給付金請求を行うためには,国に対して訴訟を提起し,和解を成立させるなどの手続が必要です。判決を争うのではなく,国との間で「基本合意書」で取り決めた救済対象者に合致しているかどうか確認して和解を進めていくという形式であるため,一般的な訴訟に比べると負担は軽減されます。

相談そのため、こうした事実に間違いがないのであれば、基本的には和解として給付金を受け取ることができるのです。だからこそ、そこまで難しいこととは考えずにきちんと受け取っておきましょう。弁護士の多くがこれまでに数多くの感染者からの依頼を受けてこの給付金を勝ち取っているため、弁護士に依頼しておけば安心ですし、訴訟にかかる手続きもおこなってくれますので、本人の負担は軽いものです。

さらに、受け取ることができる金額も病態に応じて異なりますが、最高で3600万円とかなりおおきな金額ですから見逃せる数字ではありません。また、親御さんがこうした期間に予防接種を受け、そのお子さんがB型肝炎になった場合も含めて給付金の受け取り対象となっていますので、この点も考慮して将来のために情報を持っておくことも大切です。

→→→弁護士依頼時の着手金

給付金の申請と弁護士

注射B型肝炎の原因は様々なものがありますが、その原因のひとつとして挙げることができるのが集団予防接種です。誰しも記憶があるはずですが、幼い頃は特に親に連れられて予防接種を受けました。これらは人間が健康的に生きていくために非常に重要なものですが、この集団予防接種においてかつて注射器の使いまわしがあったのです。

つまり、同じ注射器を使って複数の子供に予防接種をおこなっていた時期がありました。具体的に言えば昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間です。この期間内に7歳になるまでの間に集団予防接種を受けた人は連続使用した注射器によって予防接種を受けた可能性があり、結果としてこの行為によってB型肝炎に感染した可能性があるのです。

そのため、各地で国を相手取った訴訟も起こされましたが、結果として国は過失を認めて和解という形で訴訟を起こした方々に給付金を支払うこととしたのです。そのため、今現在もこのルールに則って給付金が払われており、B型肝炎になった方が訴訟を起こすと給付金が受け取れます。しかし、給付金を受け取るためには訴訟が必要となりますので、このお金を受け取るためには弁護士の存在が欠かせないのです。

→→→給付金の今現在の相場

B型肝炎の給付金申請

お金今現在、日本国内で110万人以上の人が持続感染者として認められているのがB型肝炎です。B型肝炎は自覚症状もほとんどないために、仮に自分自身がその感染者であっても気づきにくいと言われています。しかしながら、このB型肝炎を放置しておくと肝硬変などを患ってしまう恐れもあり、結果的に様々なリスクを伴うものです。そのため、B型肝炎の検査は非常に重要ですし、発見したら即座にその治療を医師と共に進めていくことが重要と言われています。

ただし、このB型肝炎を語る上で忘れてはならないポイントがあります。それは給付金に関してです。B型肝炎の感染者に関しては国から給付金を受け取ることができるようになっています。そのため、この事実を知っているかどうかは非常に大きな問題です。自分自身が感染者となって医師の指導のもとに治療を進めていくとなれば、当然ながらそこには費用も発生します。これはどのような病や症状であっても同様です。しかし、B型肝炎がほかの病や症状と異なるのは、その費用を国が結果として補ってくれるということです。

自分で加入した医療保険などではなく、国がその保証をおこなってくれるとも言える状況にあるのです。このような形になっている裏側には様々な事情があるのですが、いずれにしても給付金を受け取ることができ、その金額も大きなものになっていますので、この事実を知らずに過ごすのではなく、事実を知った上で給付金を受け取りましょう。ここではその詳細をお伝えします。

→→→給付金の申請と弁護士