給付金の申請と弁護士

注射B型肝炎の原因は様々なものがありますが、その原因のひとつとして挙げることができるのが集団予防接種です。誰しも記憶があるはずですが、幼い頃は特に親に連れられて予防接種を受けました。これらは人間が健康的に生きていくために非常に重要なものですが、この集団予防接種においてかつて注射器の使いまわしがあったのです。

つまり、同じ注射器を使って複数の子供に予防接種をおこなっていた時期がありました。具体的に言えば昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間です。この期間内に7歳になるまでの間に集団予防接種を受けた人は連続使用した注射器によって予防接種を受けた可能性があり、結果としてこの行為によってB型肝炎に感染した可能性があるのです。

そのため、各地で国を相手取った訴訟も起こされましたが、結果として国は過失を認めて和解という形で訴訟を起こした方々に給付金を支払うこととしたのです。そのため、今現在もこのルールに則って給付金が払われており、B型肝炎になった方が訴訟を起こすと給付金が受け取れます。しかし、給付金を受け取るためには訴訟が必要となりますので、このお金を受け取るためには弁護士の存在が欠かせないのです。

→→→給付金の今現在の相場